読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうして新卒で就職しなかったんですか?

こんばんは。この時期は朝は涼しいのに昼は夏みたいで、服装に悩む時期ですね。ちなみに僕は今日一歩も家から出ていませんが笑

 

さてさて、既卒の就活では必ずとこれが聞かれます

「どうして新卒で就職しなかったんですか?」

 

もうね、絶対に純度100%の確率で聞かれます。ここに売り手市場なのにみたいなことを付け加えられて聞かれます。

 

理由としては、公務員試験で失敗した、大学院に行く予定だった、遊んでて単位が足りず就活をできなかった、就活をなめてた、などなど。

 

僕は、遊んでて単位が足りず就活をできなかった+就活をなめてた 

だと思います。

遊んでたというか、2年のころにほぼ大学に行ってなくて、1年間の取得単位が4とかだったと思います。そのツケが4年にまわってきたという感じでしょうか。フル単じゃないと卒業できないみたいな状態でした。

 

でも今思うのは単位が危ないからとか、時間がないからとかいろいろ言い訳作って就活から逃げてたんだと思うんですよね。夏休みや春休みに就活を行えたのにいろいろ言い訳作って先延ばししてました。その結果が今だと思います。

 

じゃあ新卒の時就活を全く行わなかったのかと言われればそんなこともなくて5社ぐらい面接に行きました。業界絞らず、人材、メーカー、商社だったかな。

 

とある商社で、他の人はいろいろと質問されてる中で、僕だけ質問されずに面接が終わったことがありました。

 

ストレス耐性とかをはかるためにわざとしたんだと思うんですけとね、わかってたんですけどね、自分の存在が否定されたように感じてそれ以降面接に行くことが怖くなりました。

 

それで先延ばしし続けていまに至るわけです。

 

うーん、甘いです。ほんと豆腐メンタルです笑 かっこ悪くても傷ついても面接を受け続けていたらきっと現状は変わっていたと思います。

 

僕の友達で、僕みたいに人見知りで普段しゃべれないから久々にしゃべると声が枯れるというぼっちあるあるで唯一盛り上がれる彼は、たくさん落ちたけど面接を受け続けました。評価されるという立場から逃げなかった。僕と違って。

 

 

そして彼は秋ごろに内定をもらいました。彼は今社会人として立派に働いています。

 

僕も逃げずに面接を受け続けれるでしょうか。「逃げるは恥だが役に立つ」が流行りましたが、就活では逃げるは役に立ちません。逃げたら負けです。でも逃げなかったらきっとどうにかなると思います。彼みたいに。