多浪既卒のアルバイト

こんばんは。今日帰り道、高校生がマルクスアウレリウスアントニヌスを早口で言い合うという微笑ましい光景を目にしてほっこりしました。

 

ちなみにマルクスアウレリウスアントニヌスは世界史で出てくるローマ皇帝の筋肉ムキムキのおっさんです。現代でいう阿部寛です。濃いです。

 

 

今回はですね、ちょっと趣旨を変えて既卒のアルバイトについて書いていきたいと思います。

就職活動をしている人はわかると思うんですけど、まぁまぁお金がかかるんですよね。

交通費や履歴書や待ち時間をつぶすためのカフェ代など。既卒ニートはお金がないのでいつもひーひーなっています。

でもいつ面接や説明会が入るかわからないので普通のアルバイトは厳しい。ということで短期や単発の派遣のバイトをちょくちょく入れています。

今までやったバイトは

工場でおもちゃの検品

交通量調査(道端でカチカチ数えてる人)

看板持ち(座って看板持ってるだけ)

機械の検品作業

イベントの設営

試験監督

などなど。いろいろしましたね。この中で断トツおすすめなのは、ずばり「試験監督」です!

英検とかTOEICとかいろいろ試験があるんですけど面接官は基本的にすることは同じです。問題用紙配って、試験時間中見回りするだけ。室内だから夏は涼しいし、冬は暖かいです。ぼーっとしてるだけで、半日で5000円ぐらい。1日だと8000円ぐらいでしょうか。

すごく楽です。もちろんクレームとか時間管理とかちゃんと対策しないといけないんですが、最低限のことを気を付けていれば、特に問題は起こらないと思います。

デメリットとしては、暇すぎて眠いことでしょうか。前の日しっかり睡眠とらないと、睡魔に襲われます(笑)

 

 

基本的に資格試験は日曜なので、日曜勤務が多いかなと。ただ、かなり人気のアルバイトなんで、募集してたらすぐ埋まる可能性が高いです。だいたい試験日の1か月前~2週間前ぐらいに募集をかけているので、チェックしてみてはどうでしょうか。

 

東京 試験監督 みたいに検索かけたらOKです。試験監督のアルバイトには、学生や主婦、自分みたいな無職ニートまでさまざまなので、応募しやすいのではないかなと思います。

ちなみに自分も既卒になってからすでに2回試験監督をしています。どこかで会うかもしれませんね(笑)

では、今日はこのへんでー!

広告を非表示にする